シャーマニック占星術とは?

シャーマニック占星術とは 

世界中の占星術の知識に留まらず、シャーマニズム、歴史、心理学、考古学、民俗学などから、古今東西の叡智を長年研究してきたアメリカ人の創始者ダニエル・ジアマリオさんが、1万5千人以上のリーディングから得た経験と洞察を基に、一つの体系としてまとめた『魂の意図』を読み解くシステムです。

 

​特徴

魂レベルで今世の方向性(進化の道)が分かる他、今世ではもうやらなくて良い方向性(退化の道)も分かるので、進むべき方向性がよりクッキリと浮き上がってくるのが特徴です。

 

​意図

細胞レベルで一人一人の聖なるブループリント(設計図)を活性化するよう意図されています。自己理解を深め、人生への責任を持ち、可能性を広げ、本来のユニークな自分を表現しながら、宇宙と人生をコークリエイションするための優れたツールです。

シャーマニック占星術の始まり

 

シャーマニック占星術は、1960年代から様々な種類の占星術、及びシャーマニズムを学んでいた創始者ダニエル・ジアマリオさんが、1982年にマウントシャスタでのヴィジョン・クエスト中に、現在のシャーマニック占星術となる最初の情報がダウンロードされたことから始まりました。

 

その際、ダニエルさんが『グランド・ファザー』と呼ぶ大きな岩から「13カ月間、月に一度ここへ来て、私から学びなさい」と告げられ、ダニエルさんは時に占星術の生徒たちを連れて、毎月その場所へ足を運び、情報を受け取っていきました。

シャーマニック占星術のルーツ

 

シャーマニック占星術が、現在の形になるまでに、目に見える存在から目に見えない存在まで、多くの存在の影響を受けてきました。

以下、『シャーマニック占星術ハンドブック(ダニエル・ジアマリオ/ケイエリン・カステル著)*』より、シャーマニック占星術の主なルーツを引用します。

◇ エンシェント・ワン

◇ グレート・シャーマニック・カウンシル・オブ・ライト

◇ ヘルメス・トリスメギストス(「上なる如く、下もまた然り」
      エメラルド・タブレット)とアーク・オブ・グレース

◇ アヴァロン、マーリン、ラウンド・テーブルの伝統

◇ グレート・シャイニング・ワン

◇ マギの聖なる順序

◇ エゼキエルとダニエルの予言の伝承

◇ マヤ暦の高度な叡智

◇ 中国における木星の教え

◇ メソアメリカ(メキシコと中米)の金星の教え

◇ ヴェーダの月宿の伝統

◇ バビロニアとシュメールのサイデリアルゾディアック

◇ ヘレニズム文化によるシーズナルゾディアックの発明

◇ ポリネシアのセレスチャル・ナビゲーター

◇ 地と天の神聖な繋がりを重んじた新石器時代の人々

◇ トゥアハ・デ・ダナーン

 

<近代からのインスピレーション>

◇ ルドルフ・シュタイナーのアストロソフィー

◇ デイン・ルディアの宇宙論

◇ カール・ユングのアーキタイプへの洞察

◇ DK、チベタンの Esoteric Astrology(秘教占星学)

* "Shamanic Astrology Handbook (English Edition)" 1994年出版

現在のバージョンは、2014年に最新の情報と共にアップデートされたものです。

シャーマニック占星術で分かること
 

​シャーマニック占星術で最初に受けていただく、ネイタルチャートリーディングでは、その方の「魂レベルの意図」を読み解きます。

その他、シャーマニック占星術の主な特徴

 

魂レベルでリーディングをします。「何をするか」よりも「何のためにするか」を大事にしているので、「何をするか」はセッションを受ける側に完全に任されています。

 

 



 

随所にシャーマニズムの思想が織り込まれています。例えばシャーマニズムの3つの世界(アンダーワールド、ミドルワールド、アッパーワールド)を『人間の進化・成長』の解釈になぞらえています。

 

 



 

一般的な西洋占星術は、サン・サイン(太陽サインを基軸とした)占星術ですが、シャーマニック占星術では太陽はその人が燃やす燃料と解釈します。シャーマニック占星術では、その人の元々持っている特徴や性格などは月星座を見ます。


 

過去3,000〜4,000年存在してきた父権社会、一神教よりも前に存在していた、新石器時代等に生きた人々の《天と地》に関する叡智・真髄を掘り出して集め、その思想をベースとして取り入れています。(例えば、ストーンヘンジを作った人々の思想など)

 

 

 


 

父権社会、一神教の思想の影響と、元々のアーキタイプのエッセンス(本質・真髄)を分けているので、シャーマニック占星術のアーキタイプはとても《原始的》なエネルギーを放っています。


 

12星座のアーキタイプを固定的に捉えず、『時代の転換点』を生きていく私たち一人一人が探究・創造していく新しい時代へと進化していく『12のミステリー・スクール』と捉えています。


 

他の占星術にはない、『セイクリッド・マリッジ(聖なる結婚/内なる結婚)』に関する深い探究が含まれています。内なる女性性・男性性(陰陽)の統合により、より完全な個として自立することを大切にしています。